プログラム・イベント
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein
© Philip Frowein

Program/Event

プログラム・イベント

[program]

『Madama Butterfly』

ノイマルクト劇場+市原佐都子/Q

  • ディレクターズプログラム
  • 演劇

人間の生と性に関わる違和感を、大胆かつ緻密に描く市原佐都子。新世代の劇作家・演出家である彼女と、スイス・チューリヒのノイマルクト劇場の共同制作作品が豊岡に。西洋/男性からの視点で日本/女性を描いたプッチーニのオペラ『蝶々夫人』を原案に、その構造を反転させ、日本/女性からの視点で西洋/男性を描き、人種やジェンダーに対する先入観を痛烈に問い直す。

日時

9/22(木)19:00
9/23(金・祝)14:00
9/24(土)11:00

エリア

  • 城崎

作品
クレジット

作・演出:市原佐都子

翻訳:オガワアヤ
出演:竹中香子、Yan Balistoy、Sascha Ö. Soydan、Brandy Butler(映像のみ)
ドラマトゥルク:Tine Milz
美術・衣裳:Stefan Britze
映像:Juan Ferrari
技術統括:Peter Meier
照明・映像:Karl Gärtner
音響:Susanne Affolter
小道具・大道具:Cristiano Remo
プロダクション・マネージャー:Stéphane Noel(Materialise)

日本ツアースタッフ
舞台監督:さかいまお
照明:葭田野 浩介(RYU)
音響:瀧口 翔
映像:小西 小多郎
技術コーディネート:夏目 雅也
制作:眞鍋 隼介

製作:ノイマルクト劇場(スイス、チューリヒ)
共同製作:一般社団法人Q、シアターコモンズ、チューリヒ・シアター・スペクタクル
制作協力:城崎国際アートセンター(豊岡市)
主催:(有)アゴラ企画
共催:豊岡演劇祭実行委員会

上演時間

1時間45分(予定)

料金

【全席自由】
前売一般:3,500円
当日一般:4,000円
前売U25・障がい者割引:3,000円*
当日U25・障がい者割引:3,500円*
高校生以下:無料*(要申込)
*当日要証明書提示

※推奨年齢中学生以上
※特典付きチケット:前売券をご購入の方には<麦わら細工のしおり>の特典付き

備考

【上演言語】
日本語、英語、ドイツ語(日本語字幕あり)

【京都公演情報】
9/15(木)~9/17(土)
会場:ロームシアター京都 ノースホール
主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
お問合せ先:ロームシアター京都
Web:https://rohmtheatrekyoto.jp/
Tel:075-746-3201

市原佐都子
劇作家・演出家・小説家・城崎国際アートセンター芸術監督。1988年大阪生まれ福岡育ち。桜美林大学にて演劇を学び、2011年よりQ始動。人間の行動や身体にまつわる生理、その違和感を独自の言語センスと身体感覚で捉えた劇作、演出を行う。2011年、戯曲『虫』にて第11回 AAF 戯曲賞受賞。2017年『毛美子不毛話』が第61回岸田國士戯曲賞最終候補となる。2019年に初の小説集『マミトの天使』を出版。同年『バッコスの信女 ─ ホルスタインの雌』をあいちトリエンナーレにて初演。同作にて第64回岸田國士戯曲賞受賞。

こちらも

『スーパー曲芸バラエティ』

fringe

さくら組

『スーパー曲芸バラエティ』

『Yamato』

fringe

Yamato

『Yamato』