プログラム・イベント
©comuramai
©comuramai
©comuramai
©comuramai
©comuramai

Program/Event

プログラム・イベント

[program]

『ぼんやりブルース 2022』

ヌトミック

  • ディレクターズプログラム
  • 音楽
  • 演劇

2011年に起こった東日本大震災と、2020年以降の新型コロナウイルスによるパンデミックへの取材を元に、今を生きる人々の不安を多様な音楽と共に描いたパフォーマンス作品。東京での初演を経て、第66回岸田國士戯曲賞最終候補作品となった本作を、豊岡演劇祭では新演出で上演する。

日時

9/18(日)11:00/19:30
9/19(月・祝) 13:00

エリア

  • 豊岡

作品
クレジット

構成・演出・音楽:額田大志

出演:朝倉千恵子、鈴木健太、長沼航、額田大志、原田つむぎ、藤瀬のりこ

舞台監督:中西隆雄
音響:山川権(MR SOFT LLC.)
照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.)
照明操作:佐々木夕貴(eimatsumoto Co.Ltd.)
舞台美術:渡邊織音
空間構成:森藤文華
衣装:中島エリカ
映像:高良真剣
ムーブメント指導:藤瀬のりこ
演技補佐:深澤しほ
制作:河野遥

企画・製作・主催:ヌトミック
協力:散策者、東京デスロック、青年団、ひとごと。、グループ・野原、2.5 architects、ラズカルズ、みんなのひろば

上演時間

100分以内

料金

【全席自由】
前売一般:3,000円
当日一般:3,500円
前売U25・障がい者割引:2,500円*
当日U25・障がい者割引:3,000円*
高校生以下:無料*(要申込)
*当日要証明書提示

ヌトミック
2016年に東京で結成された演劇カンパニー。「上演とは何か」という問いをベースに、音楽のバックグラウンドを用いた脚本と演出で、パフォーミングアーツの枠組みを拡張していく作品を発表している。俳優のみならずダンサー、ラッパー、映像作家などとのコラボレーションも積極的に行う。主な作品に『SUPERHUMAN』(2018)、『それからの街』リクリエーション(2020)、『ぼんやりブルース』(2021)など。

こちらも

『丁寧なくらし/犬が死んだ、僕は父親になることにした』

fringe

安住の地

『丁寧なくらし/犬が死んだ、僕は父親になることにした』

『絵本×大道芸ライブ』

fringe

オマールえび

『絵本×大道芸ライブ』