プログラム・イベント

Program/Event

プログラム・イベント

[program]

横光利一『機械』

お食事×文学×リーディング『よるよむきのさき』

  • フェスティバルプロデュース
  • リーディング

食事×文学×演劇リーディングを掲げて飲食店や寺院など、三重県各地で10年に渡りコラボレートを続けている事業「MPAD」。
豊岡演劇祭2022において城崎温泉の旅館・飲食店と連携し、“よるよむきのさき”=夜読む城崎として、城崎の夜に美味しい食事と名作文学のリーディングをお届けします。

日時

9/15(木)18:00

エリア

  • 城崎

作品
クレジット

リーディング作品:横光利一『機械』
演出:西本浩明(演芸列車「東西本線」)
出演:西本浩明、LAVIT

上演時間

お食事+リーディング:1時間45分程度
※17:30に開場、18:00までに会場へお越し下さい
※お料理を召し上がりいただいた後、リーディングをご覧いただきます

料金

お食事+リーディング公演:10,000円
※お食事後、移動がございます
※さんぽう西村屋 本店でもチケットをお買い求めいただけます

備考

※アルコール類は各店舗でキャッシュオンとなっております
※お席は相席となることがございます
※公演をご覧の際、お席の移動をお願いする場合がございます

西本浩明
1978年石川県野々市市生まれ。2000年より俳優活動を開始。2003年上京。
在京中は音声言語指導者・演出家である磯貝靖洋氏、日本舞踊家の花柳茂珠氏に師事。日本語の”声とことば”を聖地に扱う演技術・指導法や舞踊における身体表現を修める。古典芸能から伝わる確かな技術と現代的なエンターテイメント性を結び付け、「誰もが楽しく・納得できる作品」をモットーに活動を続けており、2013年より拠点を地元石川県に移行。2015年、演芸列車「東西本線」を結成。演劇が持つ可能性を、舞台のみならず多方面に展開している。

チケットの購入はこちら チケットの購入はこちら