プログラム・イベント
撮影 : 出野龍郎

Program/Event

プログラム・イベント

[fringe]

『ドキュメント・ヒア』

武本拓也

  • セレクション
  • パフォーマンス

「そこにいる」という事への関心のもと、立つ・歩くなどの微細な動きのみでのパフォーマンス上演を行う武本拓也。2017年より、観客の有無に関わらず毎日この上演を行う事を開始し、現在まで継続している。「ドキュメント」は、日々の上演が蓄積した武本の身体を環境と状況に配置し、そこでどんな反応・選択・影響が起こるかを実演する試みである。
“芸術(art)というよりそれは証拠(document)と呼んだ方がよいだろう。どんなことでもそれにひっくるめられる可能性がある。だから大変に自由なものだ。Free Documentだ。その人が死を意識してその代替として信じたもの、事、心がこれからのたいへん大事な人類の意識遺産となる。それだ、それが次の芸術だ” – 松澤宥

日時

9/17(土) 17:00

エリア

  • 神鍋

作品
クレジット

パフォーマンス:武本拓也

協力 : Stilllive(スティルライブ)

上演時間

約30分

料金

無料(予約不要)

備考

本パフォーマンス終演後、同じ会場で『Stilllive Village : 生のアリーナ』が続けて開催されます。『Stilllive Village : 生のアリーナ』は予約が必要となりますので、連続での観覧をご希望の方は下部のリンクよりご予約願います。

武本拓也
1990年群馬県生まれ。東京都在住。
武蔵野美術大学 映像学科卒業。美学校 実作講座「演劇 似て非なるもの」修了。
城崎国際アートセンター 2022年度レジデンスアーティスト。
「そこにいる」という事への関心を出発点に、立つ・歩くなどの微細な動きを中心としたパフォーマンス上演を行う。
2017年より観客の有無に関わらずこの上演を毎日行う事を開始し、現在まで継続。
近年の作品に「山を見にきた」(DanceNewAir2020>21)、「正午に透きとおる」(TPAM2019フリンジ)など。

チケットの購入はこちら チケットの購入はこちら