プログラム・イベント

Program/Event

プログラム・イベント

[Event]

『絶景!!日本海!山陰本線ローカル駅スイッチ』

城崎発演劇列車 JR西日本観光列車「うみやまむすび」×スイッチ総研

城崎

香美

日時

11/5(金)-11/6(土)

会場

JR山陰本線 香住駅、鎧駅、餘部駅

作品
クレジット

作:スイッチ総研
脚本/演出:光瀬指絵
研究開発/出演:大石将弘、石倉来輝(ままごと)、島田桃依(青年団)、田中祐希(ゆうめい)、井上みなみ(青年団)、
洪雄大(中野成樹+フランケンズ)…and more!!
主催:西日本旅客鉄道株式会社、株式会社JR西日本コミュニケーションズ 他
後援:豊岡演劇祭実行委員会

上演時間

約3時間
※観光列車「うみやまむすび」を本公演にお申込いただいた方のみでの貸切にて運行いたします
※城崎温泉駅発着。各駅で15分〜30分間停車予定。ホームや駅構内で景色とスイッチの上演をご鑑賞いただきます

料金

一般:8,000円- 27,000円
おとなび会員:7,000円- 25,000円
※本公演は9/11- 13に予定されていた上演の「振替公演」です。チケットは完売しているため新たな座席の販売予定は現在ございません。何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます

日本各地の多様な場所で、場の特性を取り込んだ「スイッチ」=「スイッチを押すと始まる一瞬の演劇」を開発上演してきたスイッチ総研が兵庫県但馬地域に登場。JR西日本の観光列車「うみやまむすび」とタッグを組んで鉄道周遊型のスイッチを展開。趣たっぷりの山陰本線ローカル駅にいくつもの小さな演劇を仕掛けます。目の前に広がる壮大な景色と足元に転がる些末なおかしみを取り込んで生まれる一瞬の演劇たちに、乞ご期待!

 

Profile

スイッチ総研
俳優の光瀬指絵(ニッポンの河川)、大石将弘(ままごと|ナイロン100℃)により2015年結成。「スイッチ」=「鑑賞者がスイッチを押すと始まる3秒〜30秒の演劇」を上演するチーム。その場所の風景、建造物、歴史、ささやかな可笑しみなどを一瞬の物語に取り込むサイトスペシフィックな作品づくりが特徴。初陣の六本木アートナイト2015において、街なか各所での24時間上演を敢行し大きな注目を集める。以降各地の芸術祭に招聘され、地域の俳優や市民と共にその場ならではの「スイッチ」を商店街、公園、学校、銭湯、遊園地、美術館、巡り巡って劇場などで開発上演し好評を得ている。これまでの作品に『六本木商店街スイッチ』、『小豆島きもだめスイッチ』、『ツアー型スイッチ あなたの知らない本多劇場』、『穂の国とよはし芸術劇場スイッチ』、『浅草新仲見世商店街スイッチ』、『ツアー型スイッチ あなたの知らない夜のYCAM』、『東京芸術祭スイッチ』など。近年は子供との協働制作、教育機関に於けるワークショップ、フェスティバルディレクターなど活動の幅を広げている。モットー「大人げないことを大人のやり方で」。

光瀬指絵
東京都出身。俳優。スイッチ総研所長。スイッチ総研では企画/脚本/演出/見回りを担当し稀に出演。カムカムミニキーナ、猫のホテルを経て、2006年に脚本家・演出家の福原充則らとニッポンの河川を旗揚げ。2007年よりニブロール主宰・振付家の矢内原美邦が手がける演劇作品へ継続的に出演。近年は象の鼻テラスと協働し『吹きさらし!!手を変え品を変え劇場』と銘打った企画でスイッチ以外の「新しい演劇のかたち」も試行錯誤している。今後試みたい企画は、赤子と子供とその保護者が同時に楽しめるワークショップ及びスイッチ公演。おもな出演カンパニーに、劇団、本谷有希子、東京デスロック、快快、ままごと、財団、江本純子、劇団かもめんたる、ミクニヤナイハラプロジェクトなど。

大石将弘
奈良県出身。俳優。スイッチ総研副所長。スイッチ総研では企画/制作/創作/出演を担当 劇団ままごと、ナイロン100℃にも所属。木ノ下歌舞伎、ロロ、夏の日の本谷有希子、KUNIO、範宙遊泳などのカンパニーの作品に出演。劇場の外で上演される演劇プロジェクトにも多く携わる。2013年よりままごとメンバーとして瀬戸内国際芸術祭に参加。小豆島(香川県)に継続的に滞在し、ガイドに扮して町を案内しながら上演する「おさんぽ演劇」を創作・上演。2017年には、美術作品や空間を楽しむ“音声”を創作する「きくたびプロジェクト」立ち上げに参加。2016年より多摩美術大学非常勤講師。学校や劇場における演劇ワークショップの企画進行も継続的に行っている。

チケットの購入はこちら チケットの購入はこちら