公演を観る
photo by bozzo
photo by bozzo
photo by bozzo
photo by bozzo
photo by bozzo

Program

公演を観る

Director's Program
ディレクターズ プログラム

『みみをすます(谷川俊太郎同名詩より)』

岩下徹(dance)× 梅津和時(sax./cl.)
即興セッション

出演:岩下徹、梅津和時

エリア

竹野・朝来・養父

日時

[竹野]9/16(月・祝)10:30
[朝来]9/21(土)16:30
[養父]9/23(月・祝)10:30
★各回アフタートークあり

上演時間

約45分

上演言語

ノンバーバル(トークは日本語のみ)

料金

無料(予約不要)

舞台も客席もないその場所で
ダンスと音と観客による即興の場が生まれる。

「こんにちは たにかわしゅんたろうです いわしたさんへ 「みみをすます」 ごじゆうにおつかいください」

朗読するような、つやのある明るいトーンのメッセージを留守電に頂いた1989年以来、岩下徹は、谷川俊太郎さんの詩のタイトルを借りたこの試み、野外や劇場ではない空間での無音の即興ソロダンスを続けている。豊岡演劇祭ではこの特別版として、ミュージシャンの梅津和時を共演に迎える。舞台も客席も設営しない普段通りのその場所で、観客は好きなところに立ったり、座ったり、移動したりしながら、即興の場に参加することになる。

ダンスと音の間には何の取り決めもない。場所そのもの、聞こえてくる音、通行人や犬にカラスといった、その場に在る様々なものとも関わりながら、ダンスと音と観客によって紡がれる時間。私たちはそこで一体、何に「みみをすます」のだろうか。

なお、豊岡演劇祭では、2022年に出石の永楽館、日高の気多神社、但東の大生部兵主神社、竹野の但馬漁協竹野支所、養父のYBファブ芝生広場の5か所で上演。23年には香住の東港上屋2号棟、豊岡の玄武洞公園の2か所で上演してきた。今年は、また新たに竹野、朝来、養父の3か所が会場となる。

出演者
岩下徹、梅津和時
スタッフ
梅津和時サポート:多田葉子
企画制作:志賀玲子
アクセシビリティ

未就学児入場可

備考
※小雨決行・荒天中止
※本公演は作品の性質上、客席がございません。小さな椅子などが必要な方は各自ご用意ください。また、後方のお客様の鑑賞の妨げとならないようご配慮ください。
※駐車場の台数に限りがあります。遠方よりお越しの際には、乗り合いまたは公共交通機関をご利用くださいますようご協力をお願いいたします。
クレジット
竹野公演共催:岩下徹、梅津和時
主催:豊岡演劇祭実行委員会
photo by bozzo
photo by bozzo
岩下徹(dance)× 梅津和時(sax./cl.)
国際的な舞踏集団「山海塾」の活動(~2023)のかたわら、交感としての即興ダンスや、精神科病棟でのダンスセラピー、障害の有無やダンス経験不問のワークショップなどのソロ活動で知られる岩下徹と、生活向上委員会大管弦楽団や、RCサクセション・忌野清志郎のサポートで知られ、結成20周年となるリーダーバンド「KIKI BAND」では、欧米やロシアなど海外ツアーも旺盛に行っている梅津和時による即興セッション。
タイムテーブルはこちら タイムテーブルはこちら