公演を観る
2024年 こまばアゴラ劇場
『銀河鉄道の夜』(2024年 こまばアゴラ劇場)
『銀河鉄道の夜』(2024年 こまばアゴラ劇場)

Program

公演を観る

Director's Program
ディレクターズ プログラム

『銀河鉄道の夜』舞台手話通訳付き公演

青年団

原作:宮沢賢治
作・演出:平田オリザ
舞台手話通訳協力:NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)

エリア

  • 江原

日時

9/14(土)11:30♡◎、18:30
9/15(日)18:30◎
★各回1時間前から、舞台手話通訳についてのレクチャーあり(参加自由)
♡リラックス・パフォーマンスの回
◎託児サービスあり(要予約)
(詳細は備考・アクセシビリティへ)

上演時間

約65分
受付開始:開演45分前
開場:開演30分前

上演言語

日本語上演/日本手話通訳/日本語・英語字幕
※字幕は舞台袖に設置するモニターで表示します。

料金

【全席自由】
前売一般:2,500円
当日一般:3,000円
前売U25・学生・障害者割引:1,500円*
当日障害者割引:2,000円*
前売当日共に18歳以下:無料*
うずまくパス:1,000円
*当日要証明書提示

*クラップメイト対象演目

宮沢賢治の名作童話を鮮やかに舞台化した人気作、
今回は舞台手話通訳付きで上演。

「銀河ステーション…」
星祭りの夜、1人寂しく夜空を見上げるジョバンニの耳に突如響く車掌の声。
親友カンパネルラとともに“本当の幸せ”を求めて様々な星座を旅し、2人の行き着く先は…。

宮沢賢治の名作童話を、「友人の死を受け入れることで成長していく少年の物語」というシンプルな構成にして鮮やかに舞台化。2011年にフランスの子どもたちのために仏語版がつくられ、その後、日本語版を制作。小説『幕が上がる』の背景ともなった作品です。

国内外でたくさんの旅をしてきた、大人も子どもも楽しめる作品を今回、初めて舞台手話通訳付きの公演として発表します。

※舞台手話通訳について
舞台作品の進行に合わせ、セリフや音の情景などを手話で伝える同時通訳のこと。通常の手話通訳とは異なり、演出家および手話監修のもと、通訳者も1人の出演者として舞台上に立ち、セリフや効果音、音楽などを観客に伝えます。

出演者
山田遥野、永田莉子、福田倫子、知念史麻、髙橋智子
スタッフ
舞台美術:杉山 至
舞台監督:中西隆雄
照明:三嶋聖子、西本 彩
字幕翻訳:ホリー・ミドルブルクス
字幕:西本 彩
字幕操作:陳 彦君
音響:泉田雄太
映像:ワタナベカズキ
映像操作:島田曜蔵
衣裳:正金 彩、中原明子
制作:赤刎千久子

手話チーム(NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク)
舞台手話通訳者:下坂幸恵、小平美香
手話監修:中村千穂、馬場博史
コーディネーター:廣川麻子
アクセシビリティ

♡リラックス・パフォーマンスの回のご案内
実施日:9月14日(土)11:30

劇場は通常、他の鑑賞者の妨げとならないよう上演中に席を立ってはいけない、会話を控えるなど、静寂な環境で観劇をしていただいています。これらのルールを守ることで公演を楽しむことができる一方、発達障害のある方、未就学児、そのご家族にとっては、劇場での観劇が少し高いハードルになってきたかとも思います。
リラックス・パフォーマンスの回では、障害や世代に関係なく、すべての観客がお互いの了承の上で、リラックスして楽しく観劇できる公演を試みます。
具体的には以下のことを行います。

・上演中でも、休憩が必要な場合には客席の外に出ることができます。休憩のあと、客席内に戻ることも自由です。
・客席の照明を完全には暗くしません。
・お客様から多少の声が出ても大丈夫です。
・楽しくなったら身体を揺すったり、少し動いても大丈夫です。
・未就学児の入場が可能です(託児も受け付けますが、乳幼児との観劇も可能です)。

このように、リラックス・パフォーマンスの回は、通常の公演とは異なる演出となりますので、予めご理解のほどよろしくお願いいたします。
なお、公演中には大きな音が出る場面や、照明が完全ではないものの暗くなる場面があることを、あらかじめご了承ください。

*江原河畔劇場には下記の設備があります
・授乳室
・おむつ交換台
・多目的トイレ

車椅子席
※車椅子で来場されるお客様は、チケット購入時にフェスティバルセンターまで電話、またはメールでお問い合わせください。

◎託児サービス(要予約)
実施日:9/14(土)11:30、9/15(日)18:30
※無料の託児サービスを行います。詳細はこちらをご覧ください。

備考
※推奨年齢小学4年生以上

★各回開演の1時間前から、舞台手話通訳についてのレクチャーを行います。レクチャーは手話でお話しします。読み取り通訳、日本語字幕あり。(講師:廣川麻子)
時間:約30分
場所:江原河畔劇場 2階スタジオ
参加自由(本公演のチケットをお持ちの方限定)
クレジット
企画制作:青年団
主催:豊岡演劇祭実行委員会
青年団
劇作家・演出家の平田オリザを中心に1982年結成。以来、1980年代からこまばアゴラ劇場を拠点とし、平田オリザが提唱した「現代口語演劇理論」を通じて、新しい演劇様式を追求している。この実践的で新しい演劇理論は、1990年代以降の演劇界に強い影響を与え続けており、2020年からは江原河畔劇場(兵庫県豊岡市)を新たな拠点として、全国各地で多彩な公演活動を展開している。
タイムテーブルはこちら タイムテーブルはこちら