公演を観る

Program

公演を観る

Director's Program
ディレクターズ プログラム

『ムーンライト・セレナーデを聴きながら』

読売テレビプロデュース

作・演出:岡本浩一
共同演出:平田オリザ

エリア

  • 出石

日時

9/14(土) 13:00、16:00
9/15(日) 11:30、16:00
◎全ての回に託児サービスあり(要予約)
(詳細はアクセシビリティへ)

上演時間

約70分
受付開始:開演60分前
開場:開演30分前

上演言語

日本語上演

料金

【全席指定】
前売一般:3,500円
当日一般:4,000円
前売U25・学生・障害者割引:2,500円*
当日障害者割引:3,000円*
前売当日共に18歳以下:無料*
うずまくパス:1,000円
*当日要証明書提示

*クラップメイト対象演目

昭和15年にタイムリープした高校生が
ジャズ音楽と「戦前」に遭遇する青春音楽活劇。

出石出身の不屈の政治家・斎藤隆夫が生きた昭和15年を舞台に、現代の高校生がタイムリープし、ジャズ音楽と出会う青春音楽活劇。読売テレビがプロデュースする新作リーディング劇として上演する。

勉強に嫌気がさした高校生の柾紀は、ある日、ジャズのスタンダード曲「ムーンライト・セレナーデ」を聴いた直後に睡魔に襲われ、気が付くと昭和15年(1940年)のジャズ喫茶にいた…。84年前の戦前日本で、同い年の愛子と出会い、愛子の父・斎藤隆夫のためにジャズの演奏会を開くが、やがて歴史の大きな渦に巻き込まれていく…!

作・演出は、読売テレビの岡本浩一、プロデュースは同局の箕田英二が担当。共同演出として平田オリザが参加。
主演は『仮面ライダーガッチャード』(テレビ朝日)に出演の藤林泰也、ヒロインは『超無敵クラス』(日本テレビ)出演の崎本紗衣。喫茶店のマスター役は読売テレビアナウンサーの立田恭三、そして斎藤隆夫役は『笑うマトリョーシカ』(TBS)に出演の丸山智己が演じる。劇中のサックスの生演奏は、海野あゆみがライブで披露する。

出演者
キャスト:藤林泰也、崎本紗衣、丸山智己、立田恭三(ytvアナウンサー)、成瀬遥、や乃えいじ、安田唯人、三浦規寛、森崎正弘
サクソフォン:海野あゆみ
スタッフ
作・演出:岡本 浩一(ytv)
共同演出:平田 オリザ
舞台監督:中嶋 さおり(BS-Ⅱ)
演出助手:森崎 正弘(MousePiece-ree)、安田 唯人、小早川泰飛(ytv)
音響効果:奥村 威
音響オペレート:鈴木麻友 
照明:窪内 誠(ytv)
プロデュース・美術:箕田 英二(ytv)
美術助手:狩谷 穂波(ytv)
制作:瀬野尾 光則(ytv)、藤村 貴昭(ytv)
アクセシビリティ

車椅子席
※車椅子で来場されるお客様は、チケット購入時にフェスティバルセンターまで電話、またはメールでお問い合わせください。

◎託児サービス(要予約)
実施日:全ての回
※無料の託児サービスを行います。詳細はこちらをご覧ください。

備考
※未就学児はご入場いただけません
クレジット
主催:読売テレビ
読売テレビプロデュース
様々な映像コンテンツを創り出す読売テレビが、今回、豊岡演劇祭のために書き下ろした新作のリーディング舞台をプロデュース。作・演出は同局でドラマ制作に携わる岡本浩一(豊岡市出石町出身)が担当。主な代表作は、ドラマ『日本のシンドラ―杉原千畝物語・六千人の命のビザ』『夢をかなえるゾウ』『CODE―願いの代償―』ほか。公演のプロデュース・美術デザインは同局の箕田英二が担当する。
タイムテーブルはこちら タイムテーブルはこちら