公演を観る

Program

公演を観る

Fringe Selection
フリンジ セレクション

『「プレスリーになりたかった。今、娘と息子がいる。」
舞台映像上映会』

舘そらみと父

作:舘そらみ
演出:舘そらみ

エリア

  • 豊岡

日時

9/21(土)16:00
9/22(日)16:00

上演時間

約40分
受付開始・開場:開演30分前

上演言語

日本語上映

料金

前売:500円
当日:500円
うずまくパス:無料(要事前予約)
※全て自由席

実の親子が向き合い作った真実の物語。父、主演。娘、演出の唯一作。

「お父さんの一人舞台を作りたい」
そんな娘のわがままから始まった、一人の父親の人生の演劇作品。
父 主演、娘 演出の唯一作。上演はたったの一度。

ほぼ演劇素人の75歳父と演出家の娘が、半年かけて父親の人生を振り返り作り上げた、約30分の演劇作品(2023年上演)の映像を初公開。
父の生い立ちや人生の歩み、そして今をありのままに描く。
一人の人間が生きてきた軌跡を辿ることは、誰かの生きる意味になるのだろうか。
百万石演劇大合戦2023にて予選1位通過。(本戦辞退)

フリンジセレクションプログラムにて、親子の終活ワークショップも実施します。

https://toyooka-theaterfestival.jp/program/10356/

その幻の映像を、堂々上映。父も遊びに来るかも? 演劇を通して行った、実の親子のリアルな終活の一コマを、どうか目撃ください。

北海道の寒村に生まれた舘光三(主人公)。 人を楽しませるのが大好きで、実家の商店でもふざけてばかりだった少年時代。 英語に出会い、少年は好きなものにどんどんとのめり込んでいく。 自分の好きなものに正直に、とにかく自由に楽しく生きていたはずだった…。

出演者
舘光三、舘そらみ
スタッフ
【上映会】
制作:ソラロクーSORA to Rock 'n' Rollー

【舞台映像】
撮影・編集:高畑陸
照明協力:黒太剛亮
音響協力:泉田雄太
美術協力:坂本遼
演出助手:林ちゑ
アクセシビリティ

車椅子席、未就学児入場可

お問い合わせ
contact@sorarock.net
クレジット
主催:舘そらみ/豊岡演劇祭実行委員会
共催:空とロックンロール
舘そらみ(脚本家・劇作家・演出家)
東京都生まれ。幼少期をトルコ・コスタリカで過ごす。
慶應義塾大学在学中より演劇活動を始め、2009年に劇団ガレキの太鼓を旗揚げすると共に、青年団に所属。その後映像分野に進出し、初脚本作「私たちのハァハァ」ではゆうばり国際映画祭にて観客賞などを受賞。
これまで35以上の演劇作品、20以上のテレビドラマや映画を手がける。
執筆以外にも、年間約50回・累積5,000人以上を対象に演劇を使ったワークショップを行っている。
タイムテーブルはこちら タイムテーブルはこちら